エルドラド カジノ

JF Linux Kernel 2.2 Documentation: /usr/src/linux/Documentation/networking/soundmodem.txt

networking/soundmodem.txt

サウンドカードを AX.25 パケット無線用として使うためのドライバ [プレインテキスト版]


サウンドカードを AX.25 パケット無線用として使うためのドライバ

Thomas M. Sailer, HB9JNX/AE4WA, <sailer@ife.ee.ethz.ch>

このドライバは SoundBlaster(sbc) か Windows Sound System(wss) コンパチ
ブルのサウンドカードを 1200 ボー AFSK か 9600 ボー FSK の AX.25 パケッ
ト無線のモデムとして使うものです。(訳注:この他、2666 ボー といったよ
うな、あまり日本ではなじみの少ないモードでも使えるようです。詳細は 
Configure.help を参照してください)半二重通信のみをサポートしています
− 全二重通信はハードウェアがサポートしていないため使えません( CODEC 
のチップは二つの DMA チャンネルをサポートしているのに、カード自体は一
つだけしかチャンネルを使えないようです)。(訳注:最新のドライバでは DMA
チャンネルを二つ使える WSS については全二重通信をサポートしているよう
です)このドライバを動かすには処理速度の速い CPU が必要になります。最低
でも 486DX2-66MHz は必要です。そうでなければコンピュータの動きはぎこち
なくなってしまうでしょう。このドライバは電話回線のモデムはサポート *し
ていません* − 無線専用です。


ドライバ・インターフェース

このドライバは sm[0-3] という名前のカーネルネットワークドライバ(訳注
:デバイス?)を提供します。ax25 ユーティリティ集の sethdlc を使えばド
ライバの状態などを設定できます。user 空間の AX.25 スタックを使っている
人は net2kiss というユーティリティ(これも ax25 ユーティリティ集に含ま
れています)を使ってネットワークインターフェイス上のパケットを仮想端末
の KISS ストリームに流し込むことも出来ます。また WAMPES 用には私のパッ
チをあてることでカーネルのネットワークインターフェイスを直接割り当てる
ことも出来ます。(訳注:このパッチは既に WAMPES のソースに取りこまれて
いるそうです)


ドライバの設定

ある特定のカードは、使用する前に SoundBlaster モードあるいは WSS コン
パチブルモードとして初期化をしてやらないといけません。このドライバは初
期化を *しません* が、Linux の標準サウンドドライバがサウンドカードの初
期化に使えます − サウンドドライバをモジュールとしてコンパイルして、
 insmod sound
 rmmod sound
としてください。するとサウンドカードは正しく初期化されます。もしこれで
だめなら、あなたが自分自身で初期化ユーティリティを書かなくてはならない
でしょう。(訳注:isapnptools パッケージを使えば PnP サウンドカードの設
定ができます。また Crystal CS423x を使ったサウンドカードであれば ax25
ユーティリティ集に含まれる setcrystal を使うこともできます。)

ドライバがカーネルに組み込まれる時点で、どのモデムがどのポートを使うべ
きかの情報をドライバが知らなければなりません。これは setbaycom ユーテ
ィリティを使うことでできます。もしモデムをひとつだけ使うのなら、insmod
のコマンド行(あるいは /etc/conf.modules )にオプションを記述してドライ
バを設定することができます。

例:
  insmod soundmodem mode="sbc:afsk1200" iobase=0x220 irq=5 dma=1
  sethdlc -i sm0 -p mode "sbc:afsk1200" io 0x220 irq 5 dma 1

上の 2行はどちらもサウンドブラスター型のカードを 1200 ボー AFSK モード
で sm0 に設定するものです。

チャンネルアクセスパラメータは sethdlc -a か kissparms を使って設定で
きます。それぞれのユーティリティで値の意味が若干違うことに気をつけてく
ださい。


入出力レベル

入出力レベルを適度に調節することは重要です。ax25 ユーティリティ集の中
には smmixer と smdiag という2つのユーティリティが入っています。smdiag
は入力信号をオシロスコープの様に、または eye パターンとして表示します。
smmixer は入出力のレベルを調節できます。それぞれのマニュアルページを見
てください。(訳注:この他、ax25 ユーティリティ集には XFORMS ライブラリ
を用いた xfsmmixer、xfsdiag という GUI のユーティリティが含まれていま
す。)


送信機キーイング

サウンドカードは DC カップルの出力を持っていないので PTT キーイングに
ついては以下の方法があります。
・VOX を使う。
・シリアルポートを使う。
・パラレルポートを使う。
・MPU401 MIDI 出力を再トリガ型単安定マルチバイブレータ(a retriggerable
 monoflop 訳注:74LS123 とか)経由で使う。
回路図は次の場所にあります。



Linuxカーネルの他の部分との適合性

サウンドドライバとサウンドカード・モデム・ドライバは同一のハードウェア
リソースについて競合しています。もちろん一つのインターフェイスについて
同時に使えるドライバは一つだけです。ところが、サウンドドライバは起動時
にサウンドカードを占領するので、サウンドカード・モデム・ドライバは引き
続いてサウンドカードにアクセスすることが出来ません。そのためサウンドカ
ード・モデム・ドライバを使う前にはサウンドドライバをアンロードする必要
があるかも知れません。

vy 73s de
Tom Sailer, sailer@ife.ee.ethz.ch
hb9jnx @ hb9w.ampr.org

(翻訳:JL3OXR <coda@post.kek.jp> Aug. 10, 1999)
(翻訳校正:武井さん@高知大)

Linux カーネル 2.2 付属文書一覧へ戻る